ユヴァスキュラから車で2時間のタンペレという街に、ムーミン谷博物館があります。
原作者トーべ・ヤンソンの描いたムーミンの原画などが展示してある博物館です。
ついに念願叶って、このムーミン谷博物館に行ってきました


Moomin Museum 5
この市立図書館の一階に、ムーミン谷博物館があります★


Moomin Museum 1
入り口では、ムーミン像がお出迎え☆


Moomin Museum 2
これが、博物館の入口。
来館者の60%()が日本人なので、日本語の案内もばっちりです。


館内はもちろん撮影禁止でしたが、一部の場所でのみ写真撮影ができました。
それが、この場所です。

Moomin Museum 3
館内で記念撮影ができる唯一の場所☆


Moomin Museum 9
ピッコムー(リトル・ミイ)と一緒に写真撮影★


Moomin Museum 4
この二人、どのお話で出てきたかご存知ですか?


私が一番興味を持ったのは、壁一面に掛けてあるトーべ・ヤンソンの直筆原画たちでした。
原画はどれも思ったより小さく描かれていて、細部にわたって細かく描きこまれているのがとても印象的でした。
彼女は、キャラクターはサッサッと勢いのある線の生命力溢れるタッチで描いているのですが、それとは対照的に、周りの自然の風景などは驚くほど繊細に描きこまれているのです。
彼女は点や線を使いこなして、自然の優しさや厳しさを表現する天才だと私は思いました。

そんなトーべの原画はいくら見ていても見飽きることがないくらいなので、あっという間に時間が経ってしまい、他の展示物を鑑賞する時間があまりありませんでした(笑)
館内には他にも、ムーミンのお話しの一場面ずつを表した手作りの人形たちや、トーべと彼女の友人たちが手作りした3階建てのムーミンハウスなどが展示されていて、その温かみのあるディテールは見ごたえたっぷり!
どちらかというと、大人向けの博物館だという印象を受けました。

ムーミン谷のストーリーは単なる子ども向けのお話しというわけではなく、そこには大人への様々なメッセージが込められていると一般に言われています。
ですので、ムーミン・ストーリーに関する研究もたくさんなされています。
ある人は、ムーミン・ストーリーは様々な個性を持つ子どもたちへどう接したらいいかを大人に指南する本だと言い、ある人はフィンランドへの政治的メッセージが込められていると言い、またある人はムーミン谷は一種のゲイコミュニティだと言っているそうです。
私も文献を読んだことがないので詳しいことはわかりませんが、とっても興味深いので自分で少しずつ研究してみようかなと思っています。


最後に、タンペレの街並みを少しご紹介します☆

Moomin Museum 6
雰囲気のいい路地


Moomin Museum 7
この建物の地下にある雰囲気のいい老舗レストランでランチをしました★


Moomin Museum 8
工業都市として栄えたタンペレには、川沿いにたくさんの古い工場が建っています。


学生街でもあるタンペレは落ち着いた雰囲気があり、ちょっと住んでみたい気持ちにさせられました


↓ブログランキングに参加してます。応援のクリックよろしくお願いします★
(たくさんあるので、どれか選んでいただいて大丈夫ですよ!もちろん、全部クリックしていただいても大歓迎です☆)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



2010.08.31 Tue l ├感動体験☆ l Comments (0) Trackbacks (0) l top
先週末あたりからフィンランドは急に冷え込んできました。
2週間前までは猛暑ですっごく暑かったのに、今ではその暑さもどこへやら、一気に秋を通り越して冬の気候になってしまいました

この一週間ずっと雨が降り続いていて、昼間の最高気温も12℃くらいにしかなりません。
まだ9月にもなってないというのに
私はミシガンやカナダの寒い土地で生活した経験がありますが、それでもこんな極端なことはありませんでした。
フィンランド恐るべしです

まさか8月の下旬に冬服が必要になるとは思ってなかったので、防寒具は一切持ってきていません。
なので、今は現地の友達にたくさん防寒具を貸してもらって、寒さをしのいでいます。
家の中は暖房が入っているのでいいのですが、それでも靴下は3枚履きです(笑)
外出する時はマフラーに手袋、お腹にもスカーフを一枚巻いて、ジャケットの上にもう一枚ジャケットを着て完全防備しています。
8月にこんなに着込むことになるなんて夢にも思いませんでした

本当に急に寒くなったので、気候の変化に体調がついていくのが大変です。
でも、フィンランドのもう一つの顔というか、冬の厳しさも少し体験できたのは良かったかもしれません。
夏の美しさだけでなく、冬の厳しさもフィンランドの一部だということを教えてくれたような気がします。
そのことは、ミシガンの寒い冬を2度越えてきたからこそ学んだことでした。


↓ブログランキングに参加してます。応援のクリックよろしくお願いします★
(たくさんあるので、どれか選んでいただいて大丈夫ですよ!もちろん、全部クリックしていただいても大歓迎です☆)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



2010.08.28 Sat l ├海外インターンシップ l Comments (2) Trackbacks (0) l top
フィンランドの内陸部にあるユヴァスキュラに来ています。
ユヴァスキュラではDnaメソッドという療法についてのワークショップがあっているのですが、そこでワークに参加しながら通訳をする仕事をしています。

ここのホームステイ先にはピアノがあるので、暇がある時はピアノをずっと弾いています。
私はピアノは全くの初心者で、実は楽譜を読むこともできないのですが(笑)、どうしてもディズニーの曲を弾いてみたくて、約6週間前に強引に練習し始めました。
今練習しているのは、『眠れる森の美女』からの曲、"Once Upon A Dream"(「いつか夢で」)です。
これならまだ初心者でもどうにかなりそうだ、ということで。
楽譜が読めないので、誰かピアノを弾ける人にお手本を弾いてもらって、その手の動きを覚える、という正攻法からはかなり外れた練習をしています。

それでも不思議と、ちゃんと練習すればするほど上達してきているので感動的です
音楽自体は私の頭の中にあるので、後は手の動きさえ覚えてしまえば、感情を乗せて弾くこともできるようにもなってきました。
ピアノをやっている人には「邪道だ」と言われるのですが・・・。

でも、私がやりたいのは「ピアノを弾くこと」ではなく、「ディズニーの曲をピアノで弾くこと」なんです。
それも、自分が楽しめればそれでいいのです。
もしも私が一からピアノを始めれば、ディズニーの曲を弾けるようになるまで何年もかかるでしょう。
しかもその間は自分の弾きたい曲が弾けないので、練習しててもきっとつまんないと思います。
それだったら、下手でもいいから最初から自分の弾きたい曲を練習すれば、もう今この場でそれを楽しむことができます。
しかも、それなりに様になってきていますし☆

こんな感じで、自分の好きなこと、興味のあることはどんどんチャレンジしている毎日です


↓ブログランキングに参加してます。応援のクリックよろしくお願いします★
(たくさんあるので、どれか選んでいただいて大丈夫ですよ!もちろん、全部クリックしていただいても大歓迎です☆)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




2010.08.21 Sat l ├感動体験☆ l Comments (0) Trackbacks (0) l top
今日はヘルシンキから電車で3時間かけて、ユヴァスキュラという街に帰って来ました。

“帰って来た”という表現を使ったのは、以前フィンランドにいた時はユヴァスキュラを拠点に活動していたこともあり、またここに来るのを楽しみにしていたからです。
ユヴァスキュラはフィンランドでも比較的大きな都市に入り、現代建築の巨匠、アルヴァ・アアルトが建築した建物がたくさんあることで有名だそうです。
街の中心にはユヴァスキュラ大学があり、近くにはショッピング街もあってとても雰囲気のいいところです。

ここでホームステイさせてもらっているのは、ユヴァスキュラ大学で助教授をされている女性のアパートです。
彼女はユヴァスキュラ大学でスポーツ社会学を教えるかたわら、縄文心導のインストラクターの活動もされていて、スピリチュアルな世界にも精通している素敵な女性です。
私も彼女と話しをするのが大好きで、いつも時間を忘れてお話ししてしまいます
だから余計に、ユヴァスキュラに帰って来るのが楽しみだったんでしょうね。


Jyvaskyla 1
こんな感じのモダン建築物がいたるところにあるんですよ。


Jyvaskyla 3
ショッピング街のにぎわい


Jyvaskyla 4
ここのアイスクリームスタンドのアイスはとっても美味しかったです


Jyvaskyla 2
ユヴァスキュラの郊外にあるアートセンター。今月末にここで、日本人を奥様に持つフィンランド議員さんと会談をします☆


↓ブログランキングに参加してます。応援のクリックよろしくお願いします★
(たくさんあるので、どれか選んでいただいて大丈夫ですよ!もちろん、全部クリックしていただいても大歓迎です☆)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



2010.08.20 Fri l ├海外インターンシップ l Comments (0) Trackbacks (0) l top
ヘルシンキに着いて3日目。
今はヘルシンキにいる友人のアパートに泊めてもらっているのですが、昨夜怪奇音が聞こえました。

今朝は悪い夢を見たので朝の4時頃に目が覚めたのですが、その時に変な音を聞きました。
ドアがギーっと開いたような音と、物が落ちたような音がしたのです。
最初は泥棒がアパートに入ってきたのかと思って怖かったのですが、ドアが開いた様子はありません。
物が落ちた様子もないので、気のせいだと思って眠りにつこうとするのですが、なかなか眠れません。
結局7時頃まで寝付けませんでした。

そして、次の日に友人と話をしてわかったのですが、彼も昨夜変な気の存在を感じたそうです。
彼は今彼の友人宅に泊まっているので、私たちと同じアパートにはいなかったのですが、その友人宅で邪悪な気の存在を感じたらしいのです。
彼は仏教徒であり、霊気マスターでもあり、オーラリーディングもできる人です。
だから、身の回りのエネルギー(気)を感じることができます。

彼の話では、エネルギー(気)とは大きなカテゴリーを指すそうで、必ずしも霊とかゴーストなどを指すわけではないようです。
例えば、強い感情もエネルギー(気)としてその場所に滞ります。
エネルギーの中にも邪悪なスピリットがあるようで、彼が昨夜感じたのもその類だったそうです。

そう言われれば、私もエストニアに行ってから夜中にラップ音を聞いたり、何かの存在を感じたりすることが結構あったのですが、何かが見えるわけではないので、気のせいだと思っていたのですが・・・。
彼にその話をすると、エストニアから私たちと一緒に悪い気がついてきた可能性があると言っていました。
彼のアパートはちゃんと浄化されているので、もともとそういう悪い気は寄り付けないはずなんです。

そういうわけで、今日はその友人がアパートのお祓いをしてくれました。
彼がその儀式をするところをずっと見ていたのですが、途中でだんだん眠くなってきたというか、意識が身体の外に溶け出してしまいそうな感覚になりました。
彼は5つのエレメント(鉄、木、火、水、土)を使ってアパートの中の空気を浄化していました。
終わった後は心臓が軽くドキドキするというか、不思議な感覚におそわれました。

これでもう、ここでは変な音を聞くこともなくなると思います。
でも今後のために、邪悪な気を自分で浄化する方法も彼に習っておいた方がいいかもしれませんね。


↓ブログランキングに参加してます。応援のクリックよろしくお願いします★
(たくさんあるので、どれか選んでいただいて大丈夫ですよ!もちろん、全部クリックしていただいても大歓迎です☆)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



2010.08.18 Wed l ├海外インターンシップ l Comments (2) Trackbacks (0) l top
エストニアに来て早2週間が経ちました。
実はこれからフェリーでヘルシンキに戻るのですが、9月にはまたエストニアに戻ってきます。
だからそれまで3週間ほど、エストニアとはお別れです。

人生初めて訪れたエストニアでしたが、いろいろなことを学ばせてもらいました。
最近までエストニアがソ連に占領されていたということは、知識としては知っていましたが、実際にエストニアに来てこの土地の香りを嗅ぎ、エストニアの人たちと触れ合うことで、ソ連がエストニアに残した傷はまだこの国に深く残っていることを感じました。

昔はたくさんのエストニア人がソ連兵に虐殺され、女性も子どもも皆理由もなくシベリアの土地に送られ、過酷な労働を強いられていたそうです。
もちろんエストニア語を話すことも禁止され、ソ連の政策によって家族さえも信じることができないように仕向けられました。
エストニアが旧ソ連から独立して約20年経ちますが、エストニア人の心の傷はまだ完全には癒えていません。

そういった歴史もあって、エストニア人は心の中に多くの悲しみを抱えています。
人に対する警戒心が潜在的にあるのか、他のヨーロッパ人と比べてそれほどオープンではありません。
でも、そういった表面的なものとは裏腹に、エストニア人は本当はすごく情に厚いです。
特に心の傷を抱えている人ほど、人の痛みが理解できるためか、暖かい心を持っています。
そのエストニア人の心の温かさに、私も何度も救われることがありました。

それと同時に、エストニア人は本当に誇り高き国民だと思います。
ソ連占領下の長い間、エストニア人であることを禁止されてきた彼らですが、エストニア人の心は脈々と受け継がれてきたようです。
独立を勝ち取った今となっては、過去の傷を受け入れ、それでもエストニア人として前に進んでいこうとする、そんな健気な強さが感じられます。
そんなエストニア人に、心導はいいツールとして受け入れられているようです。

そんな悲しい歴史のあるエストニアにいたので、私も霊的な体験をたくさんしました。
夜中に眠れずにうなされたり、悪い夢を見ることもしょっちゅうでした
でも、これからはまたフィンランドに戻ります。
私はやっぱり、フィンランドの優しい空気が好きですね。
まるでムーミン谷にいるみたいな気持ちになることができます。
フィンランドは私のお友達みたいな感じですね
これからの3週間、またフィンランドでがんばります☆


↓ブログランキングに参加してます。応援のクリックよろしくお願いします★
(たくさんあるので、どれか選んでいただいて大丈夫ですよ!もちろん、全部クリックしていただいても大歓迎です☆)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



2010.08.16 Mon l ├感動体験☆ l Comments (2) Trackbacks (0) l top
ヨーロッパでインターンシップをしている間、オーロラは福岡の実家に預かってもらっています。

私の母は獣医ですが、何せハリネズミを扱うのは初めてで、家族総出でオーロラの世話にてんやわんやしているみたいです(笑)。
まだ誰もオーロラを素手で触れないんだそう。
確かに、慣れるまではちょっと難しいかもしれませんね。

一方、ヨーロッパには野生のハリネズミがたくさんいます。
こちらにいるのはヨーロピアン・ヘッジホッグといって、ペット用のアフリカン・ピグミー(オーロラもこれです)よりもかなり大きいみたいです。
見た目もちょっと違います。

フィンランドでホームステイをしている時に、裏庭でずっとハリネズミを探していましたが、とうとう現れてはくれませんでした。
野生のハリネズミはよく民家の庭の茂みで発見されるそうで(Hedgehogとは生垣のブタという意味です)、えさを置いてたら現れるらしいです。
「えさは何をあげるの?」と聞くと、答えは何と生魚!
「えっ、ハリネズミって泳げるの・・・?」
そういうわけではないらしく、釣り人が残していった魚などを食べるようになってから、人間が生魚をあげるようになったそうです。
でも、魚を食べるくらいですからサイズ的には結構大きいですよね…。

エストニアにもハリネズミはいるのですが、私が滞在しているのは首都のタリンなので、田舎に行かないとハリネズミは見れないそうです。
だから、また後でフィンランドに戻った時に是非、ハリネズミを見てみたいと思います☆★


Aurora 21
おうちでいい子にしているオーロラ


↓ブログランキングに参加してます。応援のクリックよろしくお願いします★
(たくさんあるので、どれか選んでいただいて大丈夫ですよ!もちろん、全部クリックしていただいても大歓迎です☆)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



2010.08.04 Wed l ├オーロラ l Comments (0) Trackbacks (0) l top
ついに、あこがれのムーミンワールドに行ってきました~

ムーミンワールドは、ヘルシンキから電車で2時間ほど北東にあるナーンタリという街にあるのですが、一つの島全体がムーミン谷になっています。
夏の間2ヶ月間くらいしか開園していないのですが、今回たまたま近くでワークショップがあったので、そのついでにムーミンワールドにも行けてラッキーでした


Moomin World 1
ムーミンワールドの入り口☆ムーミンの世界へようこそ


Moomin World 2
この桟橋を渡ってすぐそこの島がムーミンワールド★


Moomin World 3
一番の見所はやっぱりこのムーミンハウス☆


Moomin World 4
ムーミンハウスの前では、ムーミン谷の住人による子どもたちのためのイベントが★


Moomin World 8
みんなのヒーロー・ムーミン☆ムーミンはフィンランドの子どもたちにも大人気


Moomin World 5
ムーミンハウスの中も見学できます★


Moomin World 7
スナフキンのテントスナフキンはムーミンのところに遊びに行っていたようです。


Moomin World 6
見覚えのある桟橋の風景・・・。


Moomin World 9
ハッティバッティ(=ニョロニョロ)の住む洞窟。


今回はあまり見て回る時間がなかったのですが、そんなに大きな島ではないので何とか見て回ることができました。
ディズニーランドみたいにアトラクションはないのですが、いたるところでムーミン谷の仲間たちに会って写真を撮ることが出来ますよ☆
自然がたくさんあるので、ムーミン谷にいる雰囲気を味わうことが出来てとっても癒されました
(私は運良く野生のリスを見ることができたんです!)


ちなみに、ムーミン谷の住人の名前は日本語とフィンランド語では全然違います。
例えば、ニョロニョロもフィンランド語ではハッティバッティ、リトル・ミイもピッカムウ、という感じで。
でも、ムーミンの著者トーべ・ヤンソンはスウェーデン語を話すフィンランド人だったので、もともとムーミンの原作はスウェーデン語で書かれていたそうです。
もちろん、スウェーデン語の名前もフィンランド語の名前とは違います。
日本語の名前で通じるのはムーミンくらいですね。


↓ブログランキングに参加してます。応援のクリックよろしくお願いします★
(たくさんあるので、どれか選んでいただいて大丈夫ですよ!もちろん、全部クリックしていただいても大歓迎です☆)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



2010.08.01 Sun l ├感動体験☆ l Comments (0) Trackbacks (0) l top
フィンランドに来て約2週間が経ちました。今日はいよいよエストニアへ向かう日です。

今回は、縄文心導ミシガン協会からインターンシップとして雇われて、フィンランドとエストニアへ倉富和子さんと同行します。
業務の主な内容は、ワークショップなどでの通訳(日本語⇔英語)とリサーチアシスタントとしてのレポート作成です。
毎日ワークショップが開催されるので、通訳をしながら一緒にワークショップに参加して、身体のヒーリングの方法を学んでいます。

フィンランドでは本当にたくさんの素敵な人たちと出会いました。
もう既にヘルシンキ、ケウル、ユヴァスキュラ、トゥルク、ナーンタリとたくさんの都市を訪問しましたが、みなさん本当にあたたかく迎え入れてくれます。
フィンランド人ってやはり、どこか日本人と似ていると思います。
フィンランドは社会保障国家なので、政府がほとんど全て面倒をみてくれますが、その代わりあまり自由がありません。
みんなが平等であることが良いことなので、逆に出る杭は打たれるというか、そういうところも日本の社会に似ています。
でも、そういう環境だからこそ、他人へのあたたかい思いやりも生まれてくるのかもしれませんね。
本当にムーミン谷の住民みたいです。(若い人たちはどんどん変わってきていますが。)

これから2週間はエストニアで過ごしますが、もちろんエストニアへ行くのは初めてです!
エストニアは昔ロシアに占領されていたこともあり、英語もあまり通じないみたいですが、バルト3国の中では一番経済が発達しているようです。
2週間後にはまたヘルシンキへ戻りますが、それまでエストニアでたくさん勉強して帰って来ようと思っています★


↓ブログランキングに参加してます。応援のクリックよろしくお願いします★
(たくさんあるので、どれか選んでいただいて大丈夫ですよ!もちろん、全部クリックしていただいても大歓迎です☆)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



2010.08.01 Sun l ├海外インターンシップ l Comments (0) Trackbacks (0) l top