突然ですが、皆さんにご報告があります☆

実は私、学生業の傍らで翻訳業を始めました

具体的に言うと、漫画やアニメ、ゲームなどのエンターテイメント系のコンテンツを、英語から日本語、日本語から英語に翻訳する、フリーランスの翻訳家として、翻訳業を始めました★★

どうやってここまで行き着いたかというと…

私が本当に叶えたい夢は何だったのかということに気づいてからというもの、
今まで見過ごしてきた私の本当の気持ちが、
溢れて溢れて止まらなくなってきたのです…。

本当は、私は小さい頃から漫画を描いたり読んだりするのが大好きで、
自作の漫画の本や新聞を作ったりして、
友達に見せたりするのが大好きだったのに、
母親が私に漫画を描くことよりも勉強することを望んだため、
勉強せずに絵を描いているところを母に見つけられる度にきつく叱られるということを繰り返すうちに、
次第に私は自分の心に嘘をつくことを覚えていったのです…。

漫画なんかすきじゃない。
絵を描くのなんてつまらない。
私はもっと他のことをする方がすき。
勉強するほうがよっぽどいい。
私は漫画なんて好きじゃない――

そうして私は、本当に漫画や絵を描くということを忘れてしまったのです。
本当に、もう絵を描いたり漫画を読んだりする気がしなくなったのです。
それらのことを考えるだけで、おっくうに感じるようになったのです。
そうやって、私は自分にすっかりだまされていました。
本当にごく最近まで、私はもうこれらのことからは”卒業”したものだとばかり思っていたのです。

でも本当は、私の漫画や絵を描くということに対する情熱は
消えてなんかいなかったのです。
私の心の奥深くで、
ひっそりと、
だけど確実に、
いつかまた私に見つけられる時を待っていたのです。

そのことに気づいてからというもの、
私の子供の頃の感情が涙と一緒にとめどなく溢れ出てきては、
私の心を切なくて悲しい感情で満たすのと同時に、
私の子供の頃からの夢がどんどん膨らむようになり、
いつしかそれが私のパワーの源となっていったのです。

その後私は、様々な途中経過を経て、エンターテイメント翻訳というものに出会いました。

今までは散在しているように見えていた私の数々の夢も、
まるでパズルのピースがぴったりとはまるように、
一つの線でつながりました。

"Life is all about connecting the dots."(Yoshimi Murakami, 2009)


 そういう訳で、私はエンターテイメント翻訳を開始しました。
 フリーランスの翻訳家というのは、特定の企業に雇われるという形ではなく、いくつかの企業と個人的に契約を結び、案件が発生する度に依頼を受けるという勤務形態です。ですので、海外にいても、インターネットとメールが使える環境にさえあれば、在宅でできてしまう職業なのです。

 しかし、フリーランスの翻訳家といっても、すぐに企業と契約が結べるわけではありません。たいていは、企業が募集している求人に対して、経歴書などの応募書類を送った後、企業側の書類選考を経て、企業が実施するトライアル試験というものを自宅受験します。そのトライアルに合格すれば、晴れて企業と契約を結べることとなるわけですが、契約を結んだからといって、ばんばん仕事が入ってくるかどうかはその人の仕事ぶり次第、といったところのようです。

 そして私はいまどういう状況かというと。
 エンターテイメント翻訳系の2社に応募書類を提出し、2社ともからトライアル課題が送られてきました。
 その一つの課題の締め切りが昨日の夜だったのですが、この課題の翻訳がとっても大変だったのです!
 この会社はゲームの開発を支援する企業なため、課題はほぼゲームに関する内容について英語から日本語に、また日本語から英語に翻訳するというものでした。
 中でも一番苦労したのが、英語のジョークを日本語に訳するパートと、日本語のなぞなぞを英語に訳するパート!課題の内容は機密扱いとなっているので、ここではお話することはできませんが、どちらも”英語だからこそ”、また”日本語だからこそ”意味をなす内容なので、そのまま訳したのでは当然意味をなさないわけです。
 
 これらの部分の翻訳に関して、粘りに粘って提出期限ぎりぎりまでずっとアイデアを考えていたのですが、その時ちょうど何人かの友達が側にいたので、一緒にいい案を考えてもらいました(笑)
 不思議ですが、アイデアというものは一人で考える時よりも、仲間と一緒にああでもない、こうでもないとわいわいやっている時のほうが、予想もしなかったようないいものに行き着く場合が多い気がします。

そういうわけで、無事に第一のトライアル課題を提出したのでした
第二のトライアル課題は、来週提出となっているのでまだ少し余裕があります。
これらトライアル終了後には、また新しく1社に応募しようと思っています☆ 


私の夢は、まだ動き出したばかり

でも確実に、前進していっている☆

いろんな人を巻き込みながら、

しっかりと、一歩一歩前に進んでいる★
2009.06.13 Sat l ├夢 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://legallybeauty.blog126.fc2.com/tb.php/17-d0f8703d
Use trackback on this entry.