(パート1からの続きになります)

そうして、めでたくアダムとお付き合いさせていただくようになったわけです。

こんな私ですが、外国人男性と真剣にお付き合いするのはこれが初めてです☆(デートだけなら何回か経験はあるのですが。)

男女の違いというものに加えて、文化の違いというものもある国際恋愛は、とっても貴重な体験だと私は思います。

今まで自分が当たり前のように抱いていた考えや、自分自身のことについて、全く違う文化の人に対して「こうです」と説明しなければならないとき、あらためてそれらのことについて考えさせられるものです。

そして、「今まで私はこうだと思っていたけれど、こういう見方もあるかもしれない」とか、「今まで意識してなかったけど、私って実はこういう考え方をしているのかも」という発見があったりするのです。

詳しくお話すると、話が長くなるのでまたの機会に譲ろうと思いますが…。


 ということで、前置きが長くなりましたが(笑)、私の体験談や友人の話などから、アメリカ人男性について気づいたことをいくつかご紹介したいと思います。

 まず、たいていアメリカ人男性とデートをした日本人女性は、とにかく感動します(笑)
 彼が学生であったとしても、デート代はかならず男性側が払おうとしますし、ドアなんかももちろん開けてくれるわけですし、とにかく女性を丁寧に扱ってくれます。

 それだけでなく、デート中でも離れている時でも、常に彼女がいい気分でいられるように気を配ってくれます。彼女が心配しないように、連絡なんかもこまめにくれますし、"I love you"なんて一日に何回も言ってくれたりするわけです。(もちろん、全てのアメリカ人男性がそうだというわけではありませんが、一般的な傾向として、特に男性が女性に対して真剣であればあるほど、その傾向は強いと思います。)

 そういうの照れくさくて苦手・・・という女性ももちろんいるでしょう。でも、はっきり言えるのは、アメリカ人男性はこれらのことをとても心地いい感じですんなりとやってくれるということです!
 そういう風に女性を扱う文化のない日本人男性が同じ事をしようとすると、きっと周りにいる人は違和感を覚えると思います。
 しかし、小さい頃から女性とはそういう風に扱うものだという文化の中で育ってきたアメリカ人男性にとって、そういった行動をとることはごく自然にできてしまうようです。
 私のアメリカ人の友人も、今まで彼が付き合った日本人女性は彼の態度に感動したと言っていました。
 初めて付き合った彼氏がアメリカ人男性だった・・・という友人は、以後日本人男性には魅力を感じなくて困っているとか(笑)
 
 こんな具合に、アメリカ人の彼氏を持つとまず日常生活の中に感動が生まれます(笑)

 逆に、日本人女性がアメリカ人男性と付き合って最も苦労するのは、「全部こちらが言うまで気づいてくれない」ということではないでしょうか。
 日本人女性には、「言葉で言わなくてもこちらの気持ちを察して欲しい」という思いが少なからずあるのではないでしょうか。日本文化の中では、自分の感情を直接表に出すという行為は、子供じみたことであるという認識が強いように思います。
 だから、「何も言わない=全て順調」と捉えてしまうアメリカ人男性と順調にお付き合いするには、自分の内面で起きていることも全て言葉で説明しなければならず、そのことが日本人女性の「私の気持ちを察して欲しい」という欲求と衝突するわけです。

 でも、これって男性全般に共通することでもあると思うんですよね。
 日本人男性にだって、日本人女性の気持ちはそうわかるもんじゃありません。
 その男女の違いという土台の上に、更に文化の違いや言語の違いが重なって、日本人女性はアメリカ人男性との関係にとっても苦労するのだと思います。

 でも、個人的には、異性と本当にいい関係を築こうとするのなら、この問題は人種・国籍関係なく、乗り越えなければならない課題であるのだと思います。
 私の長年の親友である友人も、彼氏さんは日本人ではありますが、やはり同じような問題と戦いながら、それでも大事に二人の関係を温めてきて、今年めでたく結婚が決まったのです。
 ですから、本当はこのことは「アメリカ人と付き合う大変さ」というよりも、男性全般との関係においてあてはまることなのだと思います。

 ただ、異文化圏の人と付き合うと、この問題は早いうちから表面化します(笑)
 それが嫌で、「やっぱり同じ文化の中で育った日本人の彼氏のほうがいい」と、日本人男性のもとに戻っていった日本人女性も、たくさんいると思います。
 (私はといいますと、国籍を問わず、男性とは女性にとって愛すべき存在であると信じております(笑))


ここまで長々と書いてきましたが、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

私がお伝えしたかったこと、ちゃんと伝わってるといいのですが(笑)

アダムへの感謝も込めて。

 
2009.06.15 Mon l ├幸せ l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://legallybeauty.blog126.fc2.com/tb.php/19-eb92822a
Use trackback on this entry.