(パート4からの続きです)

* * * * *

 佳川先生の講演が始まるのは午後4時15分からでした。
 その30分以上前にはもう会場に入るための列ができていて、私もその列の中で会場内に案内されるのを待っていました。
 見渡すと、やっぱり女性の方が多く、購入されたばかりの佳川先生のサイン入りの『運のいい女・悪い女の習慣 コミック版』を読んでいる方が目立ちました。
 私も運良くそのサイン本を購入することができたのですが(サイン本は抽選券を持っている人だけが購入することが出来たのです)、表紙をめくるとそこには佳川先生の直筆で
 「あなたが歩くと道ができる!! 佳川奈未」
と書かれてありました。

 このお言葉は、現在の私にとっては本当に深い意味をもっているものでした。
 私は狭い意味でも広い意味でも、これから自分の人生を自分の手で切り開いていこうとしているのですから・・・。
 「あなたが歩くと道ができる」
 それからの私は、このお言葉に何度も支えられることとなるのです。

 そうしているうちに講演までの時間が近づいてきて、私たちは会場の中へ案内されました。
 私は運良くも、前から4列目のマイクに近い席に座ることができたのです。
 本来なら、私はここに座っているはずではなかった・・・。
 抽選券を持っている方たちにとっては、そうやって席を確保しているのが当たり前のことだったかもしれませんが、つい先ほどまで抽選券を持っていなかった私にとっては、とても不思議に感じざるを得ないことでした。
 ここにいるはずでなかった私が、こんないい席に座って佳川先生の登場を待っている・・・。
 そのことの不思議を、会場にいる誰一人として知る由もありませんでした。
 私一人を除いては。

 しばらくすると司会の方が出てきて、佳川先生はもうすぐご来場されると会場に告げました。
 私はまだ佳川奈未さんの姿を生で見れるのだということが信じられず、ほんとうにドキドキしながら佳川先生のご登場を待っていました。
 すると司会の方の
 「お待たせしました、作家の佳川奈未先生のご登場です!」
という言葉とともに、会場中から一斉に拍手が沸き起こりました。
 そこには、夢にまで見た憧れの佳川奈未先生が、ピンクに少しグリーンが入ったふわふわのドレスを着て、会場に向かって挨拶をしながら颯爽と登場する姿があったのです!

 私は、感動で体が震えるのを感じました。
 「うわあ、かわいい・・・!!」
 それが会場にいるみんなの反応でしたし、私もそう思いました。

 初めてお目にかかった佳川奈未さんは、とっても華奢で小柄な方で、それなのにすごく大きな存在感を感じさせる方でした。
 お肌なんかもつやつやで、とても若々しくてエネルギッシュで、とてもお子さんが3人いるとは思えませんでした。(今年で47歳になられたそうです!)
 とりわけ、その瞳のインパクトの強さに圧倒されてしまいました!
 大きな目をしていらっしゃるというのもありますが、佳川先生の瞳を見ていると、なぜか美しい夜空の闇に吸い込まれていくような、そんな神秘的な輝きを感じさせられ、その輝きをいつまでも見ていたいと感じたのです。
 佳川奈未さんの瞳は、いまだにはっきりと思い出すことが出来るほど、とても印象的でした。
 そして、私が個人的に素敵だと思ったのは、佳川先生のほっぺたでした(笑)。
 あまり詳細に描写すると誤解を招きそうなのでやめますが()、佳川先生がいつも笑顔でいらっしゃるんだなということを感じさせる、やわらかい感じを受ける頬だったのです。

 そんなかわいらしいいでたちでありながら、神戸ご出身の佳川先生のトークは関西人のノリで、そのギャップがまたいいと感じました(笑)。
 ちょっとしたご挨拶と自己紹介の後、佳川先生はなぜご自分が本気で「幸せになりたい」と考えるようになったのか、そのいきさつを話してくださいました。
 そのいきさつについては佳川先生の著書の中でも触れられていますが、佳川先生のお母様が亡くなられたことが大きなきっかけだったそうです。
 佳川先生の著書、『ありがとうの魔法力』、『幸運予告』などの中でも描かれているのですが、佳川先生のお母様は佳川先生の人生に大きな影響力を与えられたようです。
 佳川先生と先生のお母様との関係が、私と私の母との関係と重なる部分があり、それで私には佳川先生が小さい頃から経験してこられた感情がよく理解できる気がします。
 それも、私が佳川先生をお慕いする理由の一つです。

 そうして、佳川先生が本気で幸せになりたいと考えるようになられてから、作家という道にたどり着かれることとなり、現在ではAvexから歌手デビューを果たされ、昨年にはNYのカーネギーホールにて日本人の作家として初めて講演を果たされたり、億万長者になる夢を叶えられたりと、様々な成功をおさめてこられることとなったのでした。
 佳川先生は講演の途中でよく涙を流していらっしゃいましたが、それは話をされていると当時のさまざまな感情が思い出されるからなんだろうと、私は思いました。
 私もつられて、ここにたどり着くまでのいろんな感情が思い出されて、講演の間ずっと涙がとまりませんでした。

 そして講演の後は、待ちに待った佳川先生のプチライブです☆
 今回は、先生のデビュー曲である『幸運Gift☆』、『Destiny』、『Message』と、そして最後にもう一度『幸運Gift☆』を披露してくださいました。
 先生のバックでは、全米で活躍された経歴をもつダンスグループ、「リナ・ワールド」の3人のかっこいいダンスを見ることもできたのです☆
 ライブも最後の方になると、会場内の一体感も増し、とてもいい盛り上がりとなりました。
 私はまたしても、佳川先生の作曲された歌詞に感動して、涙がずっと止まりませんでした。

 こうして、佳川奈未先生の講演会とプチライブは大成功に終わったのですが、まだ最後に大きなイベントが残っていました。
 それは、佳川先生との握手会(ハグもOK!)です☆☆

 私は前から4列目の席にいたので、比較的早く順番が回ってきました。
 その日は佳川先生のお誕生日ということもあって、たくさんの方が先生にプレゼントをお渡ししていました。
 私はとても緊張して、お会いしたら先生に何て言おうかと、そればかり考えていました。
 でも、実際に自分の番が近づいてくると、頭の中が真っ白になってしまって、今まで考えていたセリフは全てどこかへ飛んでいってしまったのです。
 でも、焦る気持はまったくありませんでした。
 それよりも、今ここで佳川先生にお会いできる喜びの方がはるかに大きかったのですから。

 「こんにちは、今日は来てくれてありがとう」
 ついに私の番がやってきて、最初に佳川先生が私にこう言ってくださいました。
 「・・・・・・・・」
 なんと私は、言葉に詰まってしばらく何も話すことができなかったのです


* * * * *

(パート6に続く)
2009.08.17 Mon l ├夢 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://legallybeauty.blog126.fc2.com/tb.php/32-d7a1e4fb
Use trackback on this entry.