来年の9月までロースクール留学を延期した私は、今年一年間何をしようかと今真剣に考えています。

最初は、BF(ボーイフレンド)のアダムが日本で就職することに決まったので、私もアダムについて日本に帰る気まんまんでした。

ところが、アダムの赴任先が発表されてみると、なんと赴任先は富山県
富山県を悪く言うつもりは決してないのですが、九州をあまり出たことのない私にとってはまるで異国の地・・・
おまけにミシガンの冬を二回も越してきたばかりなので、もう寒いのは嫌・・・というのが本音です
それだったら、カリフォルニアで就職先を見つけてカリフォルニアの住民になった方が、ロースクールの授業料も下がるし職務経験も得られるしで一石二鳥

なので、アメリカで一年間働くことも視野に入れるようになりました。

ただ一つ、気がかりなのはアダムと遠恋になってしまうこと。。。

オーロラもこの夏に日本に連れて行く予定になっているので、オーロラとも離れ離れになってしまう可能性が。。。

それは淋しすぎ!!

それに、時差のある遠恋って辛いと思います。
片方が朝の時もう片方は夜・・・
恋人と話すなら朝より断然夜の方がいいですから、私が夜連絡するとき彼のほうは朝。
そうすると、朝が弱い彼とはテンションが全く合わないんですね。
逆に私が朝連絡すると、今度は私のテンションが低くて会話なんかどうでもいい雰囲気になってしまいます。

二人の距離は飛行機を使えば克服することができますが、時差はどんなにお金を使っても縮めることはできません。
太平洋をまたぐ恋愛は、二人の距離よりも何よりも時差が一番問題なんじゃないでしょうか。
もし私が遠恋を選ぶとしたら、こういった試練も覚悟しとかないといけません。


結局、私の出した結論は、「アメリカで就職か、日本に戻るか」という枠組みで決断するよりも、“アメリカで見つかった仕事に私がどれだけ魅力を感じるか”ということと、“富山でアダムとオーロラと幸せに暮らすこと”を秤にかけて、より私が魅力を感じる方を選ぶしかないということです。

法律学の言葉を借りて言うと、個別具体的に判断する、ということでしょうか。

でも、もしも富山に行くことを選んだ場合、やっぱり冬は耐えられないと思うので、1月から3月までの3ヶ月間はオーストラリアにワーホリに行くことに決めています☆

ワーホリって30歳以下の人にしか利用資格がないんですね。
だから今を逃すともう一生利用できないかもしれないと思って、一回ワーホリを経験してみたいと思ってたんです。
丁度いい機会になると思います。

だから、決断はあせらず、マイペースで。

同時に、いつでもチャンスを迎えられるように、常に心の準備をしておこうと思います


↓ブログランキングに参加してます。応援のクリックよろしくお願いします★



2010.05.26 Wed l ├ミシガン留学 l Comments (0) Trackbacks (1) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://legallybeauty.blog126.fc2.com/tb.php/42-2d9cdb52
Use trackback on this entry.
JUGEMテーマ:就職活動 あなたの自分の人生を左右する「仕事」。 そのための...
2010.06.02 Wed l あれ欲しい