今日、日本でロースクールに通う友人からメールが届きました。

そのメールは、以前に私が彼女に宛てたメールに対する返事だったのですが、私はそのメールを読んで感動して泣いてしまいました。

一つは、私が送った一通のメールが彼女を救ったということに対する感動。

そもそも私が彼女にメールを送ったというエピソードは、とても不思議ないきさつからでした。
彼女にメールを送る前、私はとても困難な状況にいたのです。
思い描いた夢の道を目指して進んできたものの、現実の生活が思うようにいかず、不安と焦りを抱えながら忙しい毎日に流されてきました。そして、そうしているうちに、自分の夢も何も信じられなくなり、ついにはすっかり自信をなくしてしまっていたのです。

そんなある日、私は日本から連れてきた大好きな佳川奈未さんの著作の中から、ふとある一冊を手にし、読み返してみたのです。

ページをめくりながら、私は涙と一緒に熱い思いがとめどなく溢れ出てくるのを感じました。

その本は、その時の私に一番足りなかったものを教えてくれたのです。

その本は、その時の私に一番必要であった気づきをもたらしてくれたのです。

それは、感謝の心でした。

私は、今まで自分を苦しめていたものは、感謝の心を忘れた自分の貧しいものの考え方であったことに気づいたのです。

辛いのは現実ではない。
辛いと感じるのは、自分が現実を貧しい心のフィルターを通して見ているからなんだ。
そのフィルターを取り払ってしまわない限り、私はどこにいて何をしていても辛い思いをすることになるんだ。
今まで自分を苦しめていたのは自分自身だったんだ―

そのことに気づいてから、私の人生が少しずつ変わり始めたのです。

まず、一度は完全にあきらめようとした法律家になる夢に、自分の人生を賭ける覚悟を決めたのです。
それもただの法律家ではなく、うつくしき法律家に!!
そうして、その夢の実現のためにできることを一つずつ考えていくうちに、司法書士試験を受けるという選択をしたのです。
そうなると、試験対策をしなければならなくなるわけで、法律の勉強のことなどすっかり忘れていた私は、助けが必要であると感じました。

しかし、誰にでも助けを求めるわけにはいきませんでした。なぜなら、私の大切な夢の実現への課程に関わってもらうことになるからです。私は、私の夢をちゃんと理解してくれる人にしか頼めないと感じていました。自分の夢を理解してくれない人から、否定的なことを言われるのは嫌だと思ったからです。

そんな時にふと、私はこの友人のことを思い出しました。
ロースクールで一緒だった時から、何か不思議な縁を感じていたこの彼女。
特に価値観が合うというわけでもないのに、どこかいつも心のどこかで気になっていた彼女。
そして私は思ったのです。
「あぁ私、彼女にも感謝の心を持って接することができてなかった・・・」

そう気づいた途端、私はなぜか急に彼女にメールを送りたくなりました。
そして、何かに取り付かれたように、私は自分の正直な気持ちを綴った長い長いメールを一時間かけて打ったのです。
この、一方的に私の感情を綴ったメールに、彼女がどんな反応をするか、私は少々不安もありました。
けれども、それよりも、私は彼女に対して”フィルターを通さない自分”を出したかったのです。
私は、純粋に、感謝の気持ちを持って、このメールを打ったのです。
ですから、それをどう解釈するかは、彼女に任せるしかないと思っていました。

そうして何日か経つうちに、彼女からメールが返ってきました。
そして私は、彼女のメールを読んで驚きました。
私が彼女にメールを送った時、彼女もまた心身共に辛い状況にあり、どうにもならなくなって学校を続けられるかどうかもわからない程辛い思いをしていたというのです。
そんな時に彼女は私のメールを読み、彼女にとっても忘れていた大切なものを思い出すきっかけになったそうです。
それと同時に、彼女はこうも言っていました。

「今の自分の置かれている状況、人との関係、自分の生き方、そういったものを弁護士を目指すうえで本当に自分なりの指針を持っているのか突きつけられた気がします。 」

私は、自分の打ったたった一通のメールが、人の心を動かし、その人の魂に影響を与えることができるということにとても感動しました。
人の心を動かすということが、こんなにも感動的なことだなんて。

感動できるということは感謝に値する。
でも、人を感動させられるということは、もっと感謝するに値する!!

2008.12.20 Sat l ├感情 l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://legallybeauty.blog126.fc2.com/tb.php/5-057b4182
Use trackback on this entry.