今日は午後から3度目のLSATを受験しました。
LSATとは、アメリカのロースクールに出願するために必要な適正試験のことです。
LSATは一年に4回実施され、何度でも受けることができます。

試験会場のコンコーディア大学(Concordia University)までは車で約15分。BFのアダムに送ってもらいました。
しかし途中で、大学に通じる唯一の大通りが道路工事のため片側一車線が通行止めに!
大学はすぐそこなのに、大学へ向かう車線が閉鎖されているため大学にたどり着けないのです

予想外のアクシデントに焦りましたが、アダムがGPSを使って大学へ通じる裏道を見つけてくれました。
試験会場には無事に時間通りに着くことができ、ほっと一安心。
でも、この道路工事の影響か、集合時間になっても受験者が全員揃いません。
試験監督のおじさんも、「普段なら集合時間に遅れてくる人を待ったりしないんだけど、この道路工事じゃあね・・・。もう少し待ちましょう」と言って、続けて世間話を始めました。
会場内は一転してなごやかな雰囲気に。
そしてだんだん聴衆の心をつかんできたおじさんは、冗談を言って受験生を笑わせるまでになってしまいました。

すると今度は誰かが「あ、ラクーン(あらいぐま)がいる
振り返って教室の後ろのガラス張りの壁を見ると、確かに走って逃げていくあらいぐまの後ろ姿が
こうなるともう、試験会場というより何でもありの雰囲気に

その後試験自体はつつがなく進行しましたが、一度勢いを得た試験監督のおじさんのオヤジギャグは最後まで色あせることなく続いたのでした

まあアメリカは何でもありの国なので、私もこれくらいのことは普通に受け入れられるようになりました。
でも、体格の大きいアメリカ人規格に作られた机と椅子は私には大きすぎて、3時間半もの間座り続けるのはさすがにきつかったです

実は今回の試験の手ごたえは非常に微妙で、今スコアをキャンセルしようかどうか悩んでいるところです。
(LSATは受験後6日以内ならスコアのキャンセルができるんです。)
せっかく頑張って試験勉強したのに、とても残念なのですが・・・
ちょっとこれから自己分析して、今後の対策を考え直そうと思います。

何があっても "Life goes on"、トラブルの背後には必ず何かメッセージが隠されているはずです。
ちょっと今は立ち止まって、今までの自分のあり方を振り返ってみる必要がありそうです。

とりあえず今夜は、気分転換に日本から持ってきた漫画『ベルサイユのばら』を読みながら、人類の壮大な歴史に思いを馳せるのでした


↓ブログランキングに参加してます。応援のクリックよろしくお願いします★
(たくさんあるので、どれか選んでいただいて大丈夫ですよ!もちろん、全部クリックしていただいても大歓迎です☆)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

2010.06.07 Mon l ├ロースクール l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://legallybeauty.blog126.fc2.com/tb.php/56-6dbaad1d
Use trackback on this entry.