昨日からBFのアダムは実家に帰っています。
今日実家の近くでJETプログラムのQ&Aオリエンテーションがあったので、それに出席するために帰省していたのでした。

JETプログラムとは、文科省が海外から外国人をたくさん雇って、日本国内各地に派遣させるプログラムです。
JETには大別して2つのポジションがあり、一つは学校で英語を教えるALTと、もう一つは市役所などで国際交流員として働くCIRです。
ALTがたくさん雇われるのに対して、CIRは毎年ほんの少ししか雇われません。
アダムは後者のCIRとして、今年の夏から日本で働くことになりました。

毎年JETプログラムに合格した人たちは、地域ごとにまとめてあるオリエンテーションに参加し、地域ごとに同じ飛行機で来日することになっています。
アダムはJETデトロイト地区の所属。
デトロイト地区はミシガン州全部とオハイオ州の一部をカバーしているようです。

そのデトロイト地区の今年のJETのうち、ALTは30人ほどいますが、CIRとして雇われたのはたった2人
アダムがそのうちの一人だというから驚きです。
本当は14人ほどCIRを第一希望として応募があったらしいのですが、CIRに決まった2人を除いて、残りの12人はALTに回されたそうです。
14人の中から選ばれたのですから、大したものですね。

JETの人たちは全員地区ごとのメーリングリストに参加していて、JETに関する連絡はそのメーリングリストを通して回ってくるらしいのですが、JETメンバーも他のJETメンバーにそのメーリングリストを通して連絡することができます。
なので、毎日JETのメンバーからのメールがアダムのところに回ってくるらしいのですが、ほとんどがペーパーワークに関する質問だそうです。
しかも、その質問の答えは事前に配布された書類にちゃんと書いてあることが多いので、
「英語も読めないやつがどうやって英語を教えるんだ
とアダムはぷりぷりしていました。

確かに、彼らは「教える」ということに関しては全くの素人。
「本当にこんな人に英語の先生がつとまるの?」という人も中にはいます。
そんな人たちが教師として公務員の初任給と同じ額の給料をもらうわけですから、疑問に思う点も多々あります。

でも、今のところは彼らが日本の英語教育の一端を担っているわけですから、頑張ってほしいものです。
もしかしたら、デトロイトJETのALTが皆さんの近くにも来るかもしれませんね☆


↓ブログランキングに参加してます。応援のクリックよろしくお願いします★
(たくさんあるので、どれか選んでいただいて大丈夫ですよ!もちろん、全部クリックしていただいても大歓迎です☆)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

2010.06.12 Sat l ├英語 l Comments (0) Trackbacks (1) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://legallybeauty.blog126.fc2.com/tb.php/61-03af359f
Use trackback on this entry.
遂に、噂の新・英語教材が公開されました! 各メディアで話題沸騰中の カリスマ英...
2010.06.19 Sat l あれ欲しい