今日はオーロラを連れて、Ann Arborの獣医さんのところに行ってきました

オーロラを連れていったのは、Animal Kingdom Veterinary Hospitalというところです。
Ann Arborでエキゾティック・アニマルを診てくれる病院はここしかありませんでした。

自然がいっぱいの場所にあるこの病院は、行ってみるとまさにアニマル・パラダイス!
病院の横にはファームがあり、馬や山羊、鶏や七面鳥、孔雀などの動物が飼われていて、他にも病院の入り口ではオウムやきつね、小さい鹿やワニなどが飼育されているんです!
まるでちょっとした動物園みたいな感じで、むしろ動物園よりいい雰囲気さえ感じました

今日は、オーロラを日本へ連れて行くための衛生証明書をもらうために病院に行ったので、特別な診察はありませんでした。
獣医さんがオーロラを診ようとしても、オーロラは怖がって丸まってしまうので、実際はほとんど診察できなかったんじゃないかと思います。
オーロラがあんなに怖がってるところを初めて見ました
明るいところが苦手なうえ、知らないところに連れて行かれて、きっととっても怖かったんですね。
オーロラ、ごめんね

この通り、ハリネズミはとっても怖がりで、すぐに丸くなってハリを立ててしまうため、なかなか獣医さんも診察するのが大変みたいです。
今回はただの健康診断だったので、この程度の診察でも良かったのですが、もしもそれ以上のことをするとなると、麻酔で眠らせる必要があるみたいです
今回は麻酔を使わずに済んで、本当によかったです。

この健康診断と衛生証明書の発行のために、今回かかったお金は約2万5千円
「え~っ、たったあれだけのことで!?」とびっくりしてしまいました。
「まあ、アメリカだからそれくらいかかるのね・・・」と思い、その場は言われたとおりの金額をカードで支払ったのですが、家に帰って明細書をよく見てみると、どうも疑問に思う点がいくつか。

実際の診察料は5千円程度で、後は健康診断書の様式に2千5百円、USDAのコンサルテーション・フィーが6千円と、この辺は理解できるのですが、よく見るとFedexを使った郵送費に一万円もかかっているんです!
これはおそらく、オーバーナイト・シッピングの費用だと思うのですが、それが2件分もチャージされているんす。

この後、私がUSDAに行って手続きをしないといけないので、病院側はUSDAに対して何も書類を送る必要はないはずなんです。
他にも、USDAのプロセッシング・フィーに3千5百円と、理解できないチャージがあるので、明日病院に電話して問い合わせてみようと思います。
もしかしたら手違いでチャージされている可能性があるので、ちゃんと病院に説明してもらおうと思います!

アメリカでは、少しでも疑問に思ったことは、その場でちゃんと聞いておいたほうがいいんですね。
私も、お金を払う前にちゃんと明細書を見せてもらうべきでした。
でも、後から問い合わせたとしても、こちらの理屈が通っていれば何とかなるのがアメリカのいい所です。
私の場合も、まあ何とかなるでしょう☆



↓ブログランキングに参加してます。応援のクリックよろしくお願いします★
(たくさんあるので、どれか選んでいただいて大丈夫ですよ!もちろん、全部クリックしていただいても大歓迎です☆)



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



2010.06.26 Sat l ├オーロラ l Comments (0) Trackbacks (0) l top

Comments

Post a comment












Trackbacks

Trackbacks URL
http://legallybeauty.blog126.fc2.com/tb.php/75-41e8db1c
Use trackback on this entry.